住宅改修について

介護保険の認定を受けている方は、手すりの取付けや段差解消などの対象
となる住宅改修を20万円を限度に自己負担1割〜2割で行うことができます。

対象となる改修内容
 ・手すりの設置 ・引き戸等への扉の取り換え
 ・段差解消 ・滑り防止及び移動円滑のための床材料の変更
 ・洋式便器等への便器の取り換え
 ・その他、住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

詳しくは「介護保険における住宅改修」をご覧ください。

「ウェルサポート・オギ 住宅改修事例集」
① 玄関アプローチをバリアフリー化
② 和式トイレを洋式トイレに変更


※一見、住宅改修は事前申請が必要であるなど、大変で面倒そうに感じられる
かもしれませんが、ご利用者様にしていただくことは、ケアマネージャーに
相談し、申請書類にお名前・住所等をご記入いただく程度で、ケアマネージャーと
住宅改修業者が必要なことを行いますので、ご安心ください。

TOPへ戻る